男性目線で見る「おデブ」と「ぽっちゃり女子」の境界線

40代の女性で、お腹まわりや体重が気になっている方、いませんか?中には風俗で働きたくて求人を見てるけど、自分の体型では…と悩んでる方もいるでしょう。でも、そんなぽっちゃり女性が活躍している店はたくさん、ありますから。

そんな40代でぽっちゃりな人も働ける風俗店の求人を探す前に、まずご自身はポチャだと思いますか?それとも、おデブだと思いますか?男性目線から見た、おデブとぽっちゃり女子の境界線って何なんでしょう?よく言われるのが、お腹が垂れているか、お腹は出てていても垂れていないかが境目、という意見はよく聞きます。あと、アゴのライン。二重アゴや首とアゴが同化しつつあるとおデブ…といった考え方もあるようです。これらの境界線、風俗の求人をリサーチしている40代のアナタはどうですか?
風俗で働きたい40代のぽっちゃり女性で、いい求人があっても足踏みしているという方もいるでしょう。上記の境目が当てはまったか、どうかは分かりませんが、もう一つ、ぽっちゃり女子か、おデブかの境目として、服を買う時に一般的な店で買えるか?ということ。大半のお店がXLのサイズまでは揃えてますが、それが入らない人、大きいサイズ専門店でないと服が合わないという人はおデブ、という声もあるようです。40代で風俗の求人を見ている方で、仕事用に服や下着を買おうとしているサイズはいかがですか?

このようにおデブとぽっちゃり女子の境界線を紹介しましたが、これらは決して正解ではありません。考え方は人それぞれですから。なので風俗でイイ求人を見つけたけど体型が…という40代の女性も、まずは面接だけでも受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です